MENU

島根スサノオマジック

SHIMANE SUSANOO
MAGIC

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【HOME】3/6(土)宇都宮ブレックス戦 試合結果

【HOME】3/6(土)宇都宮ブレックス戦 試合結果

 

3月6日(土)に島根スサノオマジックは宇都宮ブレックスとの2020-21シーズンホーム戦を行いました。

第1Q、#5 山下の連続加点など積極的にシュートを狙い、攻撃のリズムを作る。更にテンポ良く#8 トラビスや#28 ウィリアムスがオフェンスを展開し、22-18と島根が4点リードでとなる。

第2Q、序盤宇都宮の連続加点で同点まで追いつかれ、島根もハードなディフェンスから流れを掴もうとするが、終盤宇都宮のディフェンスに苦戦し攻撃のリズムが作れず、32-36と4点ビハインドで前半を折り返す。

第3Q、宇都宮に先制点を奪われるも、#8 トラビスが攻撃を牽引し、逆転に成功。その後#13 阿部の3Pシュートやドライブ、#7 ビュフォードのフリースローで59-49と10点差に広げ第4Qへ。

第4Q、島根の流れの中、#7 ビュフォードのファストブレイクからのダンクシュートが決まり、宇都宮がたまらずタイムアウト。しかしその後、宇都宮のギアが一気に上がり残り2分で同点に追いつかれる。何とか逃げ切りたい島根だったが、終了間際の攻防が勝敗を分け、最終スコア68-72でホーム宇都宮戦は惜しくも敗戦となった。
 

試合情報

日程:2021年3月6日(土)
時間:18:35 TIP OFF
場所:松江市総合体育館
 

スコア

島根スサノオマジック 68-72 宇都宮ブレックス
1Q 22-18 
2Q 10-18
3Q 27-13 
4Q 9-23

 

ヘッドコーチ コメント

河合 竜児 HC


ー本日の試合の総括をお願いします。
怪我人が多くいる中で、選手達は本当に頑張ってくれたと思います。勝利まであと一歩でしたけども、こういうゲームだったら自分の責任でしかないので、島根のファンの皆さんに本当に申し訳ないなと。ただ明日、東地区一位にもう一度チャレンジができるので、しっかりとで試合前に出来る限りの修正をして、格好悪くても最後一点差で勝てるように、明日も精一杯努力したいと思います。

ー前半好調に入れた要因は何でしょうか。
前半、宇都宮さんのディフェンスが結構きつかったんですけども、それでもボールがしっかり動いてたかなと。特に第1Qはいいディフェンスでリバウンドが取れて走れるケースが多かったのかと思います。やはり後半になってくるとより宇都宮さんのインテンシティーが上がってきたところで、島根のターンオーバーから25点奪われているので、ここがシーズン通しての課題だと思います。

ー今回高さで日本人選手がブロックされる場面が多かったと思いますが。
ブロックショット自体は紙一重だと思いますので、日本人選手がブロックショットを怖がってしまってプレーできなくなってしまうと、8連敗していた頃に後戻りしてしまうので、そこは選手達には積極的にいこうと言っています。それにたいしてシュートがこぼれた時にビッグマンがしっかりとセカンドチャンスをものにできるようにできればと。ここに関しては変わらず日本人には躊躇なく頑張ってもらいたいと思ってます

ー今日はPGが不在の中でも上手くまわっていたように見えましたがいかがでしょうか。
確かにおっしゃるように上手くまわったと言えばまわったのですが、ビュフォードをPGで使う時間が長かったことで、彼自身のスタミナといいますか脚を奪う結果になってしまったので、逆に言えば最後かわいそうな思いをさせてしまったなと。

ー本日第4Qの重要なところでターンオーバーが続出したと思いますが。
ターンオーバー自体はチームの課題なんですけど、自分たちが4点差で勝ちを逃してしまったところに尽きます。それは宇都宮さんが常に東地区の上位にいるゆえんだと思いますし、自分たちもあそこから学ばないといけない。ただ、この限られたメンバーの中で自分たちが東地区1位のチームにチャレンジしてあそこまでのゲームが出来たっていうことは意味があることだと思います。チームとしててケアレスミスのようなところを少しでも減らして、毎回2桁ターンオーバーをしてしまっているのですけど、シーズン終わりまでしっかりと修正はしていきたいと思います。

ー最後に明日の試合の意気込みを。
明日はまた違ったゲームになると思います。とにかくディフェンスを頑張って、リバウンドを取って、ルーズボールに食らいついて、島根のバスケットを貫きたいと思います。その中で1点差でもいいので最後自分たちが勝利できるように40分間戦いたいと思います。

 

選手コメント

#13 阿部 諒 選手



-本日の試合の総括をお願いします。
38分間は自分たちのバスケットが出来ていいところまでいったんですけど、最後の2分間で東地区の強豪のチームの強さが出たというところと、僕たちが受け身になってしまったところがいけなかったのかなと思います。
 
―38分間出来ていて残り2分間出来ていなかったのはどういうところでしょうか。
残り2分のところで宇都宮さんのインテンシティーの高いディフェンスで僕たちのオフェンスが上手く機能しなくなってしまい、それがディフェンスにも影響したのかなと。

―オフェンスで上手くいかなかったところはどのようなところでしょうか。
流れるようにパスが出来なかったり、ここでもらいたいというところで手が出てきた入り、思ったようにさせてくれない宇都宮さんのインテンシティーの高さのところですね。

―本日勝負所で目立った活躍があったと思うのですが、本日どんな思いで試合に入ったのでしょうか。
僕たちはいま後半になってチームが上がっているところなのと、強豪相手にいいチャンスだと思いましたので、強い気持ちを持って臨みました。

―今日は強豪の宇都宮さんとの対戦でしたが、どういったところで活躍しようと思いましたか。
まずはディフェンスからチームの流れに乗っていけるようにと思ったのですが、今日はオフェンスでもシュートが入っていたのですけど、僕自身ターンオーバーが多かったので、そこは悪かったなと。
僕自身強い気持ちを持ってプレーすることが自分の良さでもあるので、まずはそこを前面に出していきたいと思います。

-チーム自体はすごく調子がいいと思うので、今日の試合も負けはしましたけど感触自体はすごく良かったかなと思うのですが。
今シーズンの成長として、こういうゲームが出来たということは次につながる試合だったと思うので、また明日違う形で臨みたいなと思います。チャンピオンシップに出るにはもうひとつも落とせないので、まずは明日、強豪宇都宮さん相手にもう1回チャレンジャーとして臨みたいと思います。


【次のホーム戦は 3/17(水) VSシーホース三河】
次の試合は、松江市総合体育館でシーホース三河との一戦!
コチラからお早めにチケットをご購入ください!👇
スポンサー一覧