MENU

島根スサノオマジック

SHIMANE SUSANOO
MAGIC

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【HOME】12/26(土) 横浜ビー・コルセアーズ戦 試合結果

【HOME】12/26(土) 横浜ビー・コルセアーズ戦 試合結果


12月26日(土)に島根スサノオマジックは横浜ビー・コルセアーズとの2020-21シーズンホーム戦を行いました。

第1Q、試合は#14杉浦の先制点で始まる。島根のペースで試合を展開したいところであるが、横浜の固いディフェンスに阻まれ思うように得点が伸びない時間帯が続く。横浜は#7ベクトンを中心に得点を重ね、第1Qを14-19で終える。
第2Qは、横浜の2-3ゾーンに対し攻めあぐね、この日最大の15点差となってしまうが、島根も3-2ゾーンにディフェンスを切り替えるとそこから流れを引き寄せ、杉浦の連続3Pシュート等も決まり、一時3点差まで点差を縮めた。
第3Q、島根は#6北川を中心に、オフェンスでリズム良く加点するも、横浜の高確率な3Pシュートでなかなか追いつくことができず、57-63で運命の第4Qへ。
第4Q、積極的なリングへのアタックから点差を縮める島根だが、横浜#4カーター、#10チェンバースを中心に効果的に得点を決められ、最終スコア66-72で、ホーム横浜戦は敗戦となった。
 

試合情報

日程:2020年12月26日(土)
時間:18:35 TIP OFF
場所:安来市民体育館
 

スコア

島根スサノオマジック 66-72 横浜ビー・コルセアーズ
1Q 14-19 
2Q 22-23
3Q 11-15 
4Q 18-16 
 

ヘッドコーチ コメント

河合 竜児 HC

-本日の試合の感想をお願いします。
現在連敗の中でも、日本人選手がしっかりとステップアップしてきてくれているので、今日も72点に抑えるゲームが出来たと思います。あと一歩だったのが本当に悔しいです。
今日の頑張りをしっかり明日へ繋げて、明日こそ連敗を止めたいと思います。

-第2Qのオフィシャルタイムアウト後、好プレーが続きましたが要因は何でしょうか。
ディフェンスが若干第1Qでビハインドを背負って緩くなってしまった部分があったので、オフェンスの指示というよりは、ディフェンスのところをもう一度確認し、締め直したというところです。

-日本人選手の活躍という部分であげるとするならば、この選手のここをこうしたい等の思いはどのようなものでしょうか。
前節の2戦目に杉浦と阿部がしっかり2桁得点をしてくれました。今日に関しても、杉浦がああいう形で点数を取ってくれ、日本人エースとして、特にここ数試合は自覚があるプレーが多く、積極的になってくれていると思います。自分が求める状態に近づいてきてくれているので、杉浦には引き続きエースとして頑張ってほしいと思います。また、キャプテンの北川。彼がいるから今チームがまとまっていると思いますし、今日のゲームでも彼は冴えていました。北川に関してもああいった形で積極的にプレーをしてくれれば、今後チームのステップアップに繋がると思います。
 

選手コメント

#14 杉浦 佑成 選手

-本日の試合の感想をお願いします。
連敗が続いている中、今週の火曜に選手だけでミーティングをして、スペーシングやフォーメーションのタイミングとか細かいところの精度を高めていって、チームでバスケットをしていこうという話をしました。そのおかげもあり、今週は良い練習ができて、今日は自信をもってチームとして臨めた試合でした。ですが、なかなか追いつけずにいってしまって、最後までどうなるか分からない展開だったんですけど、最後のところで僕が早打ちしてしまったり、勝つチームがやるようなことじゃない判断をしてしまいました。負けて当たり前になるのは絶対にだめなので、一つ一つのプレーにもっと意識を向けていきたいと思います。

-前節に続いて本日も2桁得点の活躍いうところで、チームの連敗が続いている中、杉浦選手自身こういう時にこういう存在になりたいという思いは何かありますでしょうか。
日本人選手で1番得点をあげないといけないと思っています。今日に関しては、仲間がパスをくれたり、スペーシングの部分が大分改善されたことで、僕にチャンスが回ってきました。外国籍選手がスクリーンもしっかりかけてくれたことも大きかったです。今日、フリースロー大事なところで一本落としてしまったり、最後の方の早打ちの部分だったりは、もっと一本一本の重みをしっかり受け止めて行かなきゃいけないと思っています。


【次のホーム戦は 1/23(土)、24(日) VSアルバルク東京】
次の試合は、新年最初のホームゲーム!松江市総合体育館でアルバルク東京との一戦!
コチラからお早めにチケットをご購入ください!👇
スポンサー一覧