MENU

島根スサノオマジック

SHIMANE SUSANOO
MAGIC

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【AWAY】11/15(日) 大阪エヴェッサ戦 試合結果

【AWAY】11/15(日) 大阪エヴェッサ戦 試合結果

 
11月15日(日)に島根スサノオマジックは大阪エヴェッサとの2020-21シーズンアウェー戦を行いました。

第1Q、試合はブルックスの3Pシュートの先制点から始まる。続けて、ブルックスの3Pシュートやウィリアムスのダンクで序盤は島根が主導権を握るが、大阪の速い展開のバスケットで相手もリードを許さない。しかし、ビュフォードの1on1、終了間際のウィリアムスのレイアップで19-24の島根が5点リードで第1Q終了。

第2Qは、大阪のトランジションからの3Pシュート等の猛攻で相手にリードを奪われてしまう。また、大阪の激しいディフェンスに対し中々島根の得点が決まらず、大阪 橋本のジャンパーや3Pシュートで大量の得点を許してしまう。島根はゾーンディフェンスにシフトするも、大阪の勢いを止めることが出来ず54-36で試合は後半戦へ。

第3Qは、ブルックスのフリースローで先制するも、大阪の得点を止めることが出来ない。島根はフリースローで得点を重ねるもボールが回らず、得点を伸ばすことができずに78-53で第4Qへ。

大阪のリードが続く展開で迎えた第4Q、大阪のミスが目立ち始めたところで、阿部のレイアップシュート、トラビスのダンクで島根が追い上げを見せる。しかし、勝負所で相手にドライブを許してしまい、流れを引き寄せることが出来ず90-71で敗戦を喫した。

 

試合情報

日程:2020年11月15日(日)
時間:16:05 TIP OFF
場所:おおきにアリーナ舞洲

スコア

大阪エヴェッサ 90-71 島根スサノオマジック
1Q 19-24 
2Q 35-12
3Q 24-17 
4Q 12-18 
 

河合 竜児HCコメント


-本日の試合の感想をお願いします。

前半で走られてしまったとこから、あそこで大阪さんの勢いを止められなくなってしまいました。GAME1は自分達は競ることが出来ましたが、大阪さんは今日はタッチがいいだろう、必ずカムバックしてくるということは予想していました。しかし結果的に「走られてしまう、ガードが中へペイントタッチしてくる、そこからビッグマンも含めて良いタッチでシュートを放られる」ということで最終的には的を絞ることが出来なくなったという状況で、今日は後手を踏んでしまったというのが率直な思いです。今回の試合で、外国籍選手も昨日の接触の怪我だったり色んなことがあったので、このバイウィークの中で少しでもリカバリーできればと思います。また、色んなところを修正ですとか、新しいものを入れる準備の時間に充てられるので、休み明けにもっと成長した形でゲームが迎えられるように準備をしたいと思います。


【次のホーム戦は 12/2(水)vs三遠ネオフェニックス】
次の試合は、3rdユニフォームでの水曜ゲーム!三遠ネオフェニックスとの一戦!
コチラからお早めにチケットをご購入ください!👇
 
スポンサー一覧