MENU

島根スサノオマジック

SHIMANE SUSANOO
MAGIC

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 松江市立第一中学校 3年生向けキャリア学習実施のご報告

松江市立第一中学校 3年生向けキャリア学習実施のご報告


2020年10月20日に松江市立第一中学校にてキャリア学習を実施しましたので、ご報告いたします。

松江市立第一中学校が推進している、豊かな想像力と個性を持ち、社会的責任を果たすことのできる健康で実践力のある生徒の育成の取り組みの一環として、将来の生き方と進路を学ぶキャリア学習の講師として弊クラブにお声がけをいただきました。そこで今回、島根スサノオマジックのスクールコーチである安部潤による2時間の授業を担当させていただきました。

 

実施概要


【目的】
働くことのやりがいや大変さを学ぶ
視野を広げ、自分の生き方を考える

【日時】
令和2年10月20日(火)5~6限
5限 13:35~14:20
6限 14:30~15:15

【対象者】
松江市立第一中学校 3年生 生徒

【内容】
45分授業を2回実施。自身の生き方や働き方について講演する。

 

島根スサノオマジック スクールコーチ 安部潤コメント

島根スサノオマジック スクールコーチ 安部潤
授業の中では、11年間のプロ生活におけるやりがいと大変さと共に、フロントの仕事のやりがいと大変さをお話ししました。

現在担当しているフロント業務のひとつに会場の設営がありますが、自分たちで設営した会場で選手が活躍し、観客の方々が盛り上がっているところを見ると、選手の時とはまた違った喜びを感じることができます。同じバスケットボールの仕事でも選手とフロントでは立場は違いますが、それぞれに役割があり、「お客様を楽しませる」という目標に向かって共に頑張っているというお話もさせていただきました。

最後に中学生へ向けて、「自分は24年間バスケットボールしかしてきませんでしたが、ひとつのことをやり通すということも立派な能力だと思っています。皆さんもこれからの人生の中で、何かやり通せるものを見つけてください。」というメッセージで締めくくらせていただきました。
 
スポンサー一覧