MENU

島根スサノオマジック

SHIMANE SUSANOO
MAGIC

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【HOME】10/11(日) 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦試合結果

【HOME】10/11(日) 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦試合結果

 

10月11日(日)に島根スサノオマジックは名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの2020-21シーズンホーム開幕第2戦を行いました。

島根は前日の試合から修正を行い、第1Qの序盤から強度の高いディフェンスで名古屋の得点をおさえる一方、オフェンスではブルックス、エヴァンス、ウィリアムスらを中心に得点を重ね、23-14と9点差をつけ第2Qへ。

第2Qになってもディフェンスの強度は落ちず、攻めては山下、阿部、ブルックスの3Pで得点を重ね、終了間際にはニカがプットバックを決めて43-29と14点差で後半へ。

しかし第3Qに入ると名古屋の反撃が始まる。島根の得点が伸び悩む一方、名古屋はエアーズ、齋藤、安藤の3Pが連続で決まり、残り5分で4点差にまで詰められる。島根は後藤や小阪などの得点で粘るも、55-48と7点差で第4Qへ。

何とか逃げ切りたい島根だったが、第4Qで名古屋の得点が爆発。開始2分に笹山の3Pで同点に追いつかれると、続いて安藤の3Pで逆転を許す。その後しばらく一進一退の時間帯が続くも、最終的に第4Qだけで名古屋に32点を許し、72-80でホーム開幕第2戦は残念ながら敗戦となりました。
 

試合情報

日程:2020年10月11日(日)
時間:13:05 TIP OFF
場所:松江市総合体育館

スコア

島根スサノオマジック  72-80  名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
1Q 23-14 
2Q 20-15 
3Q 12-19 
4Q 17-32 

HCコメント


-本日の試合の感想をお願いします。

出だしから、自分達らしくディフェンスからしっかりとバスケットを30分間やれたと思います。ただ、相手の1つのプレーに対して色々アジャストしようとしたんですけども、そこで大きな変化をつけることができずに流れを切れなかったことに対して責任を感じています。僕達の目標にしていた「ポゼッション数を自分達がしっかり勝つためにミスをしない」、また「オフェンスリバウンドを相手より上回る」といったところを選手がやってくれたので、これはまた次に繋がると思います。まだ始まったばかりなので、下を向かずにまずは良いところをしっかり伸ばし、マイナス面はみんなでケアしていけるようにここからやっていきたいと思います。

-今試合、オフェンスリバウンドが良かった要因は何だと思われますか。

すごくディフェンスがよかったのもあったと思うんですけども、みんながペイントに取りにいく意識がすごく高かったです。後はそのディフェンスで、うちがそこから走れていた分、名古屋さんのボックスアウトだったりディフェンスのキャッチアップが遅かったので、そういったところがリバウンドに繋がったと思います。

-昨日とかわってファウルの数が減りましたが、何が具体的な指示はあったのですか。

今日選手に伝えたのは3つ、「リバウンド」、次に「トランジションディフェンス、イージースコアをさせない」、そして一番強く言ったのが「ファウル」の部分です。「激しさを持ちながらもスマートにディフェンスをしよう」ということを特に言いました。昨日31本のフリースローを打たれていて、いいところまでディフェンスで追い込めているのに、最後手を出して、というところがあったので、そこは今日選手に伝えてそれをしっかりアジャストしてくれたので、選手の対応に感謝します。

-今後、戦略としてトラビス選手、ビュフォード選手、そして杉浦選手が加わってくると思うのですが、どのようなバスケットを展開していきたいですか。

彼らが入ることで、オフェンス、ディフェンスでもすごく選択肢が増えてくるので、そこをうまく使いながらゲームに勝っていけるようにしたいと思います。
 

選手コメント

#5 山下 泰弘 選手



-本日の試合の感想をお願いします。

今日はホーム2戦目ということで、昨日勝てなかったので「今日はなんとしても勝ちたい」と思って臨みました。その結果、出だしは良かったんですけども、後半名古屋さんの強さが出てきた時に少し焦ってしまったというところと、相手に僕達のディフェンスにアジャストされてしまったというところが勝負の境目だったと思います。

-昨日の試合から修正を心がけた点は何ですか?

昨日はオフェンスの終わり方が悪くて、そのまま相手にトランジションでやられてしまうケースが多かったので、そこは意識しました。昨日の反省として、「ファウルのところのケア」という点がチームの中でもありました。昨日は相手にフリースロー30本以上打たれていると思うんですが、これがすごく勿体なかったと反省していて、今日の試合はアグレッシブにディフェンスしたのですが、それに対してレフェリーにアジャストするじゃないですけども、笛の感覚を僕たちもわきまえて、そこを意識してプレッシャーをかけていこうという話をして試合に臨みました。

-久しぶりにファンの前で試合をしていかがでしたか?

コロナ禍の中で久しぶりにファンの皆さんの前でプレーして、声援はなかったんですけども、メガホンの音が素晴らしいと思いました。元々島根のファンといえば、「メガホンの音」というイメージが強いですが、久しぶりにプレーをして、会場に今日が1200人くらいの来場者数だったと思うんですけど、2000~3000人くらいいるようなメガホンの音が聞こえて、それが僕達を後押ししてくれて心強かったです。

 
 

#13 阿部 諒 選手


-本日の試合の感想をお願いします。

前半良かった分、第3Qの出だしが残念でした。相手の3Pシュートが入って来た時に僕たちが気持ち的に守りに入ってしまったのが反省点だと思います。

-今日のようなオフェンスが得意なチームとの試合で、今後どのように修正をしていきたいですか。

相手にシュートが上手い選手が2人いて、その分僕達のディフェンスが外に広がっていってしまい、そこが穴になってしまいました。シュートが相手より入らない分、ディフェンスが中に寄ってしまうので、恐れずに思い切りよくシュートを打って相手に驚異を与えていかなければならないと思います。

-昨日、今日を通して、改めて自分自身どのようなプレーをしていきたいですか。

まずはディフェンスの部分で、相手に極力やられないように抑えるようにしたいです。僕達島根は身長が低いので、リバウンドがどうしても相手より取れなくなってしまう部分もありますが、日本人がしっかりリバウンドに絡んでいくようにしたいです。


【次のホーム戦は 10/21(水)vs大阪エヴェッサ】
西地区ライバルの大阪エヴェッサとの一戦!
この日は、平日限定の3rdユニフォームを着用して戦います!
ファンクラブ「B-MAGIC」に入会して会員限定の3rdレプリカユニフォームを着て選手に声援を!!
観戦チケット好評販売中!👇ご購入はコチラから👇
 
 
 

 

スポンサー一覧