MENU

島根スサノオマジック

SHIMANE SUSANOO
MAGIC

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > ゼネラルマネージャー及びチームスタッフ決定のお知らせ

ゼネラルマネージャー及びチームスタッフ決定のお知らせ




このたび、2020-21シーズンのゼネラルマネージャー及びチームスタッフを以下のとおり決定いたしましたので、お知らせいたします。
 

代表取締役CEO 川﨑 寛 

このたび、2020-21シーズンでの島根スサノオマジックの勝利を導くためのチームスタッフを決定いたしました。今回のチームスタッフ体制は2020-21シーズンの目標であるチャンピオンシップ出場を達成すべく、チームスタッフ陣の体制強化のためアシスタントコーチ(以下AC)を2名体制としました。一人目は昨シーズン途中からチームの指揮を執ってもらった経験豊富でヘッドコーチ(以下HC)経験もある河合 竜児氏をACに起用し、二人目は昨シーズンビデオアナリストだった野村 慧介氏を、これまでのスカウティング業務で培った情報分析力を生かして、選手を指導してもらうため、ACに起用しました。それぞれ役割の違うACを起用し、目標達成のため、チームを勝利に導くために今回の体制としました。

鈴木 裕紀氏のHCの起用については様々なご意見があると思いますが、クラブ内で多数の検討を重ねたうえで、この結論を出しました。
バンダイナムコ島根スサノオマジックとして、ハラスメント行為は決して許されるべきことではありません。
しかしながら、行ってしまったことについてはリーグおよび会社にて処分を下し、社会的な制裁も受けました。本人も処分を重く、深く受け止め、反省をし、2020年3月にGM付き特任コーチとして就任した以降のチーム内での言動には相手の気持ちに寄り添う姿勢もみられております。そればかりか、後ろ指をさされる中でも逃げ出さず、過去の過ち、誤りを正すことおよび勝利に導くことを、退路を断ちながら誓ってくれている姿には、信じて期待をしたいと考えるに至りました。

バンダイナムコ島根スサノオマジックが2019年8月より所属するバンダイナムコグループは、失敗をしても、再チャレンジの機会を与える風土を持っています。島根スサノオマジックとしても、切り捨てることは簡単ですが、本人が覚悟を持って再びの挑戦を望むのであれば、反省を生かしてさらに高みを目指すよう指導する所存です。信頼の回復は簡単なことではないと理解しておりますが、失敗を挽回しチームへプラスの形で貢献してもらえるようチャンスを与えたいとも考えます。

とはいえ、許されないハラスメントを行った事実と、被害者の心の傷は決して消えるものではございません。「甘い」「許すべきではない」というお叱りやご意見があることは承知しており、それは我々フロント側としても、真摯に受け止めてまいります。

バンダイナムコ島根スサノオマジックとしても、先の問題発生以降、今もなお組織として再発防止に取り組んでおります。コンプライアンス規程の整備や通報窓口の設置を行い、風通しの良い組織にすることで、二度とこのような問題を発生させないとスタッフ全員が強い覚悟を持って2020-21シーズンに臨む所存です。

 

 

ゼネラルマネージャー(GM)

堀 健太郎(ほり けんたろう)

【生年月日】
1988年6月10日

【出身地】
大分県

【経 歴】
大分ヒートデビルズ→
島根スサノオマジック→
ライジング福岡→
金沢武士団→
ライジングゼファーフクオカ(HC→GM)→
島根スサノオマジック(GM)(2018- )

堀 健太郎 ゼネラルマネージャーコメント

2020-21シーズンも島根スサノオマジックのゼネラルマネージャー(以下GM)を努めさせていただくこととなりました堀です。
まずはじめに、昨シーズンの問題について、GMの立場として謝罪をさせていただきたいと思います。島根スサノオマジックを応援していただいている多くの皆様、島根県民の皆様、そして子供達の夢や期待、バスケットボールに携わる全ての皆様の信頼を失うような状況を作ってしまったことについて深くお詫び申し上げます。大変申し訳ありませんでした。

リリースにもあった通り、今シーズン篠原GM補佐、鈴木HC、河合AC、野村AC、土屋アスレティックトレーナー(以下AT)、須田AT、寺地ストレングスコーチ、後藤選手、橋本選手、山下選手、北川選手、阿部選手、杉浦選手、白濱選手、小阪選手、ウィリアムス選手、神里選手、ブルックス選手、トラビス選手、ビュフォード選手とともに1シーズン戦います。

どんな状況でも最後まで諦めず、最後まで必死に戦って行くことを約束いたします。
「島根スサノオマジックを応援したい!」「早く試合を見に行きたい!」「行ってよかった!」「スサノオマジックの試合がある週末が楽しみ!」このように思っていただけるようなチームを作ることを約束いたします。

最後になりましたが、今シーズンの目標はチャンピオンシップに出場することです。目標達成のために一丸となり戦っていきます。新シーズンもよろしくお願いいたします。
 

チームスタッフ

GM補佐 兼 通訳

篠原 滋(しのはら しげる)

【生年月日】
1979年8月8日

【出身地】
長野県

【経 歴】
ワシントン州立大学 /グリーンリバーコミュニティカレッジ→
東北楽天ゴールデンイーグルズ(2007)→
大阪エヴェッサ(2008-2011)→
高松ファイブアローズ(2011-2014) →
琉球ゴールデンキングス(2015-2018)→
島根スサノオマジック(GM補佐)(2018- )
 

ヘッドコーチ

鈴木 裕紀(すずき ゆきのり)

【生年月日】
1977年5月27日

【出身地】
神奈川県
 
【経 歴】 
新潟アルビレックスBB(2001-2005)→
大分ヒートデビルズ(2005-2011)
 
【指導歴】
大分ヒートデビルズ ヘッドコーチ(2011-2015)→
金沢武士団 ヘッドコーチ(2015-2017)→ 
島根スサノオマジック ヘッドコーチ(2017- )

鈴木 裕紀 ヘッドコーチコメント

はじめに、昨シーズンの問題について謝罪を申し上げたいと思います。私の厳しい言動で苦しい思い、辛い思いをされた被害者の方に深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ありませんでした。

また、日頃よりこのチームを支えてくださっている島根スサノオマジックのステークホルダーの皆さま、Bリーグの全ての関係者の皆さま、またバスケット界を応援してくださっている方々、最後にバスケットをやっている子ども達に、多大なるご迷惑と大きな失望感を与えてしまったことを、重ね重ねになりますが、深くお詫び申し上げます。

私が現場に戻ることで様々なご意見があると思いますが、今シーズンもヘッドコーチをやらせていただくこととなりました。

私自身を見つめ直し、私の言葉だけでなく行動で少しでも信頼を回復できるように、ここにいるチームスタッフ・選手・フロントスタッフの方々・地域の皆さまと力を合わせて誇れるチームを作っていきたいと思います。

今シーズンもよろしくお願いいたします。
 

アシスタントコーチ

河合 竜児(かわい りゅうじ)

【生年月日】
1975年7月16日

【出身地】
愛知県

【指導歴】
オーエスジーフェニックス(日本リーグ2部)アシスタントコーチ(1999-2001)→
オーエスジーフェニックス(スーパーリーグ 日本リーグ1部を継承)アシスタントコーチ(2002-2007)→
オーエスジーフェニックス東三河(日本バスケットボールリーグ)アシスタントコーチ(2007-2008)→
浜松・東三河フェニックス(bjリーグ)アシスタントコーチ(2008-2009)→
浜松・東三河フェニックス(bjリーグ)チーム統括(2009-2011)→
浜松・東三河フェニックス(bjリーグ)ヘッドコーチ(2011-2013.3)→
信州ブレイブウォリアーズ(bjリーグ)ヘッドコーチ(2013-2015)→
信州ブレイブウォリアーズ(bjリーグ)アシスタントコーチ(2015-2016.1)→
大分愛媛ヒートデビルズ(Tkbjリーグ) ヘッドコーチ(2016.01-2016)→
愛媛オレンジバイキングス ヘッドコーチ(2016-2017)→
ライジングゼファーフクオカ ヘッドコーチ(2017-2018.10)→
山形ワイヴァンズ ヘッドコーチ(2019-2019.12)→
島根スサノオマジック アソシエイトコーチ(2020.1-2020.6)→
島根スサノオマジック アシスタントコーチ(2020.7- )
 

野村 慧介(のむら けいすけ)

【生年月日】
1994年9月28日

【出身地】
福岡県

【経 歴】
福岡市立長丘中学校→
福岡県立春日高等学校→
鹿屋体育大学→
島根スサノオマジック(2019-)

【指導歴】
鹿屋体育大学男子バスケットボール部 アシスタントコーチ(2015-2016)→
鹿屋体育大学男子バスケット ボール部 ヘッドコーチ(2016-2018)→
テキサスウェスレヤン大学グラデュエイト アシスタントコーチ(2018-2019)→
鹿屋体育大学女子バスケットボール部アシスタントコーチ(2019)→
島根スサノオマジック ビデオアナリスト(2019.12-2020.6)→
島根スサノオマジック アシスタントコーチ(2020.7- )
 
 

アスレティックトレーナー

土屋 祐介(つちや ゆうすけ)

【生年月日】
1987年11月5日

【出身地】
神奈川県

【経 歴】
東海大学男子バスケットボール部(2006-10)→
大塚商会アルファーズ(2012-14)→
アースフレンズ東京Z(2014-18)→
熊本ヴォルターズ(2018-20)→
島根スサノオマジック(2020- )→

【資 格】
はり師/きゅう師/あん摩マッサージ指圧師/PES(NASMパフォーマンスエンハンスメントスぺシャリスト
 

須田 翔平(すだ しょうへい)

【生年月日】
1989年5月6日

【出身地】
香川県

【経 歴】
和歌山トライアンズ トレーナー(2013-2015)→
履正社医療スポーツ専門学校 専任教員(2015-2019)→
島根スサノオマジック(2019- )

【資 格】
日本スポーツ協会公認  アスレティックトレーナー
はり師きゅう師
 

ストレングスコーチ

寺地 賢人(てらち けんと)

【生年月日】
1994年11月19日

【出身地】
鹿児島県

【経 歴】
株式会社禅院整骨院 
禅院トレーニングセンター
島根スサノオマジック(2020- )

【資 格】
日本トレーニング指導協会 JATI-ATI 取得
 
 
スポンサー一覧